logo
ようこそ ゲスト さん
markメニュー
markOPAC総合案内
mark 開館時間

mark 図書館ホームページ
mark 開発研究所ホームページ

mark目録検索

markMyLibrary
     ブックマーク
     検索履歴
 
mark お知らせ
mark 他館利用願(紹介状)発行のメール申込受付開始について 2018.7.5
学生・教職員 各位

他館利用願(紹介状)発行のお申込みは,従来,窓口においてのみ受付けておりましたが,
この度,メールによる受付を開始いたしました。

−−−メールによるお申込み方法−−−
「他館利用願(紹介状)発行申込フォーム【メール申込専用】」に必要事項をご入力の上,
図書館レファレンス・サービス係へメール添付でお送りください。
発行が完了次第,折り返しメールでご連絡いたします。
【メールアドレス】reference@hgu.jp

*申込フォームは,「G−PLUS!のキャビネット」又は「本学図書館ホームページ」からダウンロードしてください。
 図書館ホームページについては,図書館を使う>利用案内(学内の方へ)内の「レファレンス・サービス」をご覧ください。
 http://library.hgu.jp/guide.html

*従来どおり窓口でのお申込みも可能です。
 その場合は,本館2階レファレンス・カウンター又は工学部図書室へお越しください。

*「他館利用願(紹介状)発行申込フォーム」はメールによるお申込み専用です。
 窓口で直接お申込みされる場合は,ご使用になれません。

*お申込み受付後,利用の可否について当館から利用希望館へ確認を行います。
 確認には日数を要しますので,余裕をもってお申込みいただくよう,ご協力をお願いいたします。

*北海道地区大学図書館相互利用サービス加盟館を利用される際は,他館利用願は必要ありません。
 学生証又は教職員身分証をお持ちの上,ご利用ください。
 サービス加盟館については,右記URLでご確認ください。http://web.sapmed.ac.jp/doill/


mark 電子リソース「Financial Times」について 2018.7.1
学生・教職員 各位

7月1日からイギリスの日刊紙「Financial Times」が,本学データベースで閲覧できるようになりました。

「世界でもっとも信頼できる英国の高級経済紙」と評される「Financial Times」は,
経済の他に政治や社会情勢などの記事が掲載されており,ヨーロッパやアメリカ合衆国など広い地域で購読されています。

本学図書館ホームページ【資料を探す・調べる】“電子リソースをつかう”(区分:新聞記事を探す)からご利用ください。
http://library.hgu.jp/resource.html

※利用の際はアカウントを作成のうえ,Sign inをしてからご利用ください。
(アカウント作成,マニュアルは“電子リソースをつかう”のFinancial Times欄に掲載しています。)


mark 学外利用者の利用制限について 2018.6.25
学外利用者 各位

本学の定期試験に伴い,図書館内の混雑が予想されます。
そのため,以下の期間は図書館の利用をご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

期間 : 平成30年7月17日(火) ~ 平成30年8月7日(火)


mark 特別開館のお知らせ 2018.6.25
学生 各位

第1学期定期試験の実施に伴い,下記の日時は図書館(本館)を開館します。
なお,本館4階アクティブ・エリア,工学部図書室は閉館していますので,ご注意ください。

平成30年7月22日(日) 10:00~16:00
平成30年7月29日(日) 10:00~16:00

※閉架資料の取り出し及び入庫は閉館時間の30分前までです。
※レファレンス,研究費購入図書の受付は行いません。
※本学学生のための特別開館です。学外者の方はご遠慮くださいますようお願いいたします。
≪学外者利用制限期間 平成30年7月17日(火)~平成30年8月7日(火)≫


mark 夏季休業中の長期貸出について 2018.6.25
利用者 各位

夏季休業中の長期貸出を下記のとおり行います。
なお,この期間中に貸出した図書の貸出延長はできません。

【貸出期間】 平成30年7月24日(火)~ 平成30年9月8日(土)
【返却期限】 平成30年9月28日(金)
【貸出冊数】 5冊まで


mark 図書館ホームページ「電子リソースを使う」を更新しました 2018.6.21
学生・教職員 各位

この度,図書館ホームページ「電子リソースを使う」を更新しました。
http://library.hgu.jp/resource.html

【更新内容】
 1.『EBSCO eBooks』の「ユーザガイド」(マニュアル)を掲載しました。
   http://www.ebsco.co.jp/materials/manual/eBooks_userguide_jp.pdf

   EBSCO eBooksは,人文,ビジネス・経済,教育,文学,医学,政治,宗教等,
   幅広い専門分野にわたるに文献を無制限アクセスで閲覧可能です。

   こちらは大学内のネットワークから利用可能です。
   学外から利用する場合は「学外から電子リソースを使う」をご参照ください。
   http://library.hgu.jp/howtouse_resource.html

 2.『G空間情報センター』を追加しました。
   https://www.geospatial.jp/gp_front/

   G空間情報センターは,国土地理院などの各府省,民間各社及び各学術機関等,
   官民問わず様々な主体により整備・提供される多様な地理空間情報を集約し,
   利用者がワンストップで検索・ダウンロードし利用できる,産学官の地理空間情報を扱うプラットフォームです。

   こちらは学内外を問わず,どちらからでも利用可能です。

 3.『書陵部所蔵資料目録・画像公開システム』を追加しました。
   https://shoryobu.kunaicho.go.jp/

   書陵部所蔵資料目録・画像公開システムは,「図書寮文庫所蔵資料目録・画像公開システム」と
   「宮内公文書館特定歴史公文書等目録」が統合されたもので,宮内庁図書寮文庫が所蔵する古典籍・古文書類と
   宮内公文書館が所蔵する特定歴史公文書等を一度に横断検索することができます。

   こちらは学内外を問わず,どちらからでも利用可能です。


mark 常設展示「刊行物から見る北海学園大学」更新のお知らせ 2018.5.23
学生・教職員 各位

図書館本館1階の常設展示「刊行物から見る北海学園大学」を更新しました。

~ NEW CONTENTS ~
 ◎ 熱きたたかい―50年の軌跡
   北海学園大学・東北学院大学総合定期戦のあゆみ 1955~2004
 ◎ ポストカード
​​
​​刊行物に詰まった本学の歴史と伝統をぜひご覧ください。


mark アクティブ・エリア「GS−1・2」の個人利用開始について 2018.5.7
学生 各位

従来,図書館本館4階『アクティブ・エリア』の利用は,原則2名以上に限定されていたため,
利用者から「個人でも利用したい」旨の要望が多く寄せられておりました。

つきましては,平成30年5月7日(月)から,「グループ・スタディ・ルーム」(GS−1・2)の個人利用を
試験的に開始することとなりましたので,お知らせいたします。

「グループ・スタディ・ルーム」(GS)は,利用申請なく自由に利用できる開放的な学修空間です。
タブレットパソコン,ノートパソコン,ひざ掛け等の貸出も個人で利用可能ですので,お気軽にご利用ください。

なお,今後の利用状況により,個人利用を休止することがありますので,ご了承ください。
また,「アクティブ・ラーニング・ルーム」(AL−1~6)につきましては,従来どおり2名以上での利用が原則となります。


mark 「図書館利用案内とグループ学習は図書館におまかせ(別冊図書館だより2018)について」 2018.4.2
図書館ホームページのトップページ下部にあるお助けツール内の「図書館利用案内」と
「グループ学習は図書館におまかせ」を最新版へ差し替えました。
是非ご確認ください。


mark 「図書館だより 第39巻2号(通巻217号)」について 2018.3.26
図書館ホームページに「図書館だより 第39巻2号(通巻217号)」を掲載しました。
PDFファイルで閲覧いただけます。

「図書館だより」は図書館ホームページの「図書館を知る」、
「図書館だより」のページに掲載されております。
是非ご確認ください。



                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

Copyright (C) 富士通 2006 All Right Reserved.