logo
ようこそ ゲスト さん
markメニュー
markOPAC総合案内
mark 開館時間

mark 図書館ホームページ
mark 開発研究所ホームページ

mark目録検索

markMyLibrary
     ブックマーク
     検索履歴
 
mark お知らせ
mark 図書館ホームページ「電子リソースを使う」を更新しました 2018.6.21
学生・教職員 各位

この度,図書館ホームページ「電子リソースを使う」を更新しました。
http://library.hgu.jp/resource.html

【更新内容】
 1.『EBSCO eBooks』の「ユーザガイド」(マニュアル)を掲載しました。
   http://www.ebsco.co.jp/materials/manual/eBooks_userguide_jp.pdf

   EBSCO eBooksは,人文,ビジネス・経済,教育,文学,医学,政治,宗教等,
   幅広い専門分野にわたるに文献を無制限アクセスで閲覧可能です。

   こちらは大学内のネットワークから利用可能です。
   学外から利用する場合は「学外から電子リソースを使う」をご参照ください。
   http://library.hgu.jp/howtouse_resource.html

 2.『G空間情報センター』を追加しました。
   https://www.geospatial.jp/gp_front/

   G空間情報センターは,国土地理院などの各府省,民間各社及び各学術機関等,
   官民問わず様々な主体により整備・提供される多様な地理空間情報を集約し,
   利用者がワンストップで検索・ダウンロードし利用できる,産学官の地理空間情報を扱うプラットフォームです。

   こちらは学内外を問わず,どちらからでも利用可能です。

 3.『書陵部所蔵資料目録・画像公開システム』を追加しました。
   https://shoryobu.kunaicho.go.jp/

   書陵部所蔵資料目録・画像公開システムは,「図書寮文庫所蔵資料目録・画像公開システム」と
   「宮内公文書館特定歴史公文書等目録」が統合されたもので,宮内庁図書寮文庫が所蔵する古典籍・古文書類と
   宮内公文書館が所蔵する特定歴史公文書等を一度に横断検索することができます。

   こちらは学内外を問わず,どちらからでも利用可能です。


mark 常設展示「刊行物から見る北海学園大学」更新のお知らせ 2018.5.23
学生・教職員 各位

図書館本館1階の常設展示「刊行物から見る北海学園大学」を更新しました。

~ NEW CONTENTS ~
 ◎ 熱きたたかい―50年の軌跡
   北海学園大学・東北学院大学総合定期戦のあゆみ 1955~2004
 ◎ ポストカード
​​
​​刊行物に詰まった本学の歴史と伝統をぜひご覧ください。


mark アクティブ・エリア「GS−1・2」の個人利用開始について 2018.5.7
学生 各位

従来,図書館本館4階『アクティブ・エリア』の利用は,原則2名以上に限定されていたため,
利用者から「個人でも利用したい」旨の要望が多く寄せられておりました。

つきましては,平成30年5月7日(月)から,「グループ・スタディ・ルーム」(GS−1・2)の個人利用を
試験的に開始することとなりましたので,お知らせいたします。

「グループ・スタディ・ルーム」(GS)は,利用申請なく自由に利用できる開放的な学修空間です。
タブレットパソコン,ノートパソコン,ひざ掛け等の貸出も個人で利用可能ですので,お気軽にご利用ください。

なお,今後の利用状況により,個人利用を休止することがありますので,ご了承ください。
また,「アクティブ・ラーニング・ルーム」(AL−1~6)につきましては,従来どおり2名以上での利用が原則となります。


mark 「図書館利用案内とグループ学習は図書館におまかせ(別冊図書館だより2018)について」 2018.4.2
図書館ホームページのトップページ下部にあるお助けツール内の「図書館利用案内」と
「グループ学習は図書館におまかせ」を最新版へ差し替えました。
是非ご確認ください。


mark 「図書館だより 第39巻2号(通巻217号)」について 2018.3.26
図書館ホームページに「図書館だより 第39巻2号(通巻217号)」を掲載しました。
PDFファイルで閲覧いただけます。

「図書館だより」は図書館ホームページの「図書館を知る」、
「図書館だより」のページに掲載されております。
是非ご確認ください。



                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

Copyright (C) 富士通 2006 All Right Reserved.